"訪問薬剤師を身近に"
 
ひとり一人に寄り添う
"薬の相談役"になりたい
 
お薬の問題は解決できる

つなぐ薬局

薬剤師の訪問について

まだ、あまり浸透していない。訪問する薬剤師のメリットとは?

​訪問薬剤師の山内です。

"訪問薬剤師"と言葉を使うと、ほとんどの方が「??」となります。知っている人は上手に活用している訪問薬剤師について、お話を聞いて行きませんか?お時間はそんなにかかりません♪

薬剤師の訪問という言葉を聞くと、薬剤師がお薬を配達してくれると、想像される方が多くいます。

​これって、"大きな誤解" なんです。

薬剤師は、お薬に関するあらゆる問題を解決するために訪問をします​。

お薬の問題とは??
​貰っても飲めない薬・・・
薬を飲めない理由はいくつも考えられます。
  1. 服用回数が多い
  2. 生活スタイルに合わない
  3. 治療効果が出ていない
  4. 薬が怖いなど
  5. ​飲むのがつらい(錠剤が苦手、数や量が多い、など)

お薬が飲めないことは、決して悪いことではありません。これは、患者さんの状態とお薬の相性がうまくいっていないだけの問題です。

​お薬は、患者さんの状態に合わせていくらでも変えていく必要があります。

お薬を飲むことが目的になってませんか?

そうすると、お薬を飲むことは辛いことです。

体の状態を良くすることが目的なのですから、お薬はいくらでも変えが利く手段なのです。

​患者さんのスタイルに合うお薬であれば、きっとお薬を使うことは自然とできるようになります。

​お薬のことを一番知っているのは薬剤師

お薬って、どれくらいの種類があるのでしょう?

 

処方せんで出すお薬であれば、2016年では、17,373種類にもなります。

さらに、こういったお薬にはそれぞれが、色や形も様々なのは当たり前ですが、特殊な処理がされているものや、成分は似ていても効果が違うものもあります。

ちょっと、難しい話ですよね。

そうなんです。お薬って深いんです。笑

お医者さんでもお薬の詳しいところまでは、実は知りません。

​薬剤師なら、細かい特徴も知ってますし、調べることにも慣れているんです。

資料:厚生労働省「保険局医療課長通知」

例えば、錠剤が大きくて飲めないなら

効果の似てる、小さなお薬に変えれることがあります。

もし、世の中に変わりのお薬が存在しない場合は、砕いて飲む方法お湯に溶かして飲む方法があります。

これは、お薬の特徴によって効果や副作用に大きく影響するのですが、特にお薬の深~いとこまでわかる薬剤師の専門分野になります。

お薬の数や回数を減らしたいなら

効果の似てる、回数の少ないお薬に変えれることがあります。

もしかすると、長いこと飲んでいるお薬の中には、不要になっているものや、体の調子に大きく影響のないお薬があるかもしれません。そんなお薬を中止して過ごすことだって考えることができます。

そんなこと言っても、
お医者さんに薬の相談なんてできないよ・・・。

現在、多くの病院で処方せんを受け取り薬局にいってお薬をもらうことを医薬分業といいますが、1997年以降からの歴史の中で、処方内容について薬剤師は医師に提案を行ってきました。

処方提案も薬剤師の専門分野です。

 

患者さんの気持ちや考えを、お医者さんにわかりやすく伝えることができます。

​時には、専門外のお薬の使い方や、先ほどお話ししたお薬の特殊な使い方ではお医者さんから相談を受けることも少なくありません。

​お薬の問題解決は、つなぐ薬局の薬剤師にお任せ♪​

薬剤師に対するイメージ変わりましたか?

訪問薬剤師は、薬を持ってくるだけでは収まらない、あらゆるメリットを持っています。

患者さんから伝えにくいこと、気が付いていないお薬の悪影響など、薬剤師が身近にいるとずっと安心ですね♪

​つなぐ薬局では、年間に500人以上の患者さんに対して訪問薬剤師が対応をしています。

​訪問薬剤師に魅力を感じた方は、是非お気軽に相談してくださいね。

つなぐ薬局の薬剤師の特徴

​つなぐ薬局の薬剤師は、常に自己研鑽に努めています。

常に最新の情報を取り入れ、副作用の防止・早期発見や、新薬の使い方、適正なお薬の使用ができるように、主催や共催の勉強会・研究会を行っています。

​ファーマシストキャンパス(勉強会)の様子

​薬剤師認定機関「ミライ☆在宅委員会」と共催

勉強会の内容は、実戦形式のワークを中心にプログラムを作っています。

薬剤師の能力を常に最大限に発揮するための取り組みをしていることが、つなぐ薬局の大きな特徴です。

​是非、つなぐ薬局の薬剤師を活用してください♪

在宅医療のような、問題が複雑になっているようなケースは経験こそ判断の重要な要素です。

その経験を積むためには、実戦が一番大事で、

その実践に必要な知識や技術は実践的な勉強会であるからこそ活きてきます。

現場と密接にリンクしたプログラムである理由です。

ご不明点・ご質問はお気軽に♪
 
 

薬剤師訪問のながれ

​薬剤師訪問のご相談・ご依頼

​ご本人・ご家族、医師・看護師、ケアマネジャー、近隣住民、民生員の方など、薬剤師の訪問についてのご相談やご依頼。

​医師の指示・患者様の同意

医師による訪問指示、患者様の同意があって開始が可能です。

​関係各所へご説明が必要な場合は同席いたします。

状況の聴き取り
訪問回数・支援内容の確認

​薬剤師がどんなお手伝いをするべきか、どれくらいの頻度での訪問が必要か、関わる多業種とどのように連携をとっていくかなど、情報提供だけではなくご一緒に問題を整理し、その中でご本人のご意見を尊重したうえで決定のお手伝いを致します。

​同意書の記入などの事務手続き

ご利用開始の手続きがございます。

・居宅療養管理指導についての契約書

・重要事項説明書

​・個人情報同意書

訪問
ご不明点・ご質問はお気軽に♪
 
つなぐ薬局
〒277-0012 ​千葉県柏市桜台2-1
​TEL:04-7103-1312
つなぐ薬局 足立 
〒121-0816 東京都足立区梅島2-11-6モリタコーポ東側1階
TEL:03-4285-6717

お薬のセットまで

薬剤師が対応します

看護師さんの時間が、
お薬の管理に消えてゆく・・・
看護師さんが、本来すべき業務に手が回せられいない場合があります
  1. 錠剤を一生懸命仕分けする
  2. 臨時の薬を、配薬トレイにセットする
  3. 複数の病院や薬局から薬をもらっている
  4. 薬を薬局に貰いに行っている
つなぐ薬局の薬剤師が、解決します!
①お薬の一括管理
複数の病院のお薬も、臨時のお薬も、薬剤師がお届けして現地でまとめます♪
②医師や看護師と連携し、現場に無理のない処方を提案します
薬剤師が訪問診療に同行して、その場で医師と看護師と処方内容の調整を行います♪
  1. 薬剤師が医師に希望をお伝えします
  2. 残薬管理をその場で提案
  3. 飲み併せや副作用をその場で防止
  4. お薬の残数を揃えます
  5. ​服薬困難な患者さんに合わせ、お薬の提案をします
  6. ​急ぎの対応も、柔軟に打ち合わせができます
➂お薬のセットや管理方法の提案
複数の介護士さんでも安心安全なお薬の準備まで行います。
いかがでしょうか?
薬剤師の訪問で満足度が高くなること間違いなしです。
ご不明点・ご質問はお気軽に♪